BLOG

アヴェンタドール 生産2,000台目のマイルストーン!

ランボルギーニのアヴェンタドール LP 700-4は、2,000台目が生産され、その歴史において重要なマイルストーンを達成しました。シャーシ番号が2,000のネロ・ネメシス・カーが組立てラインを離れ、米国へと向かいました。
その所有者のサディアス・アロヨ氏は、AT&Tのチーフ・インテリジェント・オフィサー、米国において上位にランクされる重役、そしてランボルギーニの熱心な顧客であり、既にランボルギーニのガヤルド LP 550-2 スパイダーを所有しています。
パームビーチで開催されたランボルギーニのイベントでアヴェンタドール LP 700-4を試乗した同氏は、その車の驚くべきパフォーマンスにすぐに購入を決めるほど感動しました。
サンタガタ・ボロネーゼの工場の生産性は、以前のフラッグシップモデルであるムルシエラゴと比較してアヴェンタドール LP 700-4で大幅に高まりました。ムルシエラゴは、2,000台目が組立てラインを離れるまでに4年半かかりました。2001年に発売が開始されたムルシエラゴは、2006年の3月に2,000台のマイルストーンを達成しました。アヴェンタドールは、このマイルストーンをたったの2年ほどで達成し、現在では1日に約5台が生産されています。
2013年には、オープントップのスーパースポーツカーであるアヴェンタドール LP 700-4 ロードスターが成功したクーペに加わりました。このモデルに対する初回の先行予約は予想を超えるものであり、両バージョンのオーダーバンクは1年分以上の注文を抱えています。
*アヴェンタドールLP700-4 ロードスター日本最速、7月末にランボルギーニ麻布ショールーム入荷予定!

カテゴリー:ランボルギーニ

Blog Menu