BLOG

ランボルギーニ LM002

ランボルギーニファンの皆様ならご存知の 『LM002』。ランボルギーニ オフロードビークルの元は、ミッドシップエンジン、1977年登場の 『チーター』。バランスの悪かったチーターを改良して1982年に登場したのが『LM002』(LMはランボルギーニ・ミリタリーの頭文字よりついた名前)。今日ご紹介のLM002は、クンタッシ(カウンタック)クワトロヴァルボーレに搭載されていたV12 5.2Lインジェクションエンジンを搭載した1990年式モデル。最高出力455psを誇るエンジンを搭載し、3トンを肥える巨体を200km/hオーバーまで楽々引張るパフォーマンスの持ち主。迫力の貴重なモデルをご紹介します。

きれいなブルーのボディ!

迫力のオーバーフェンダー!

V12が収まる巨大なボンネットフード。

クンタッシ クワトロヴァルボーレから受け継いだ 5.2L 455psのV12エンジン。

元々軍事用として開発されたモデルに相応しい外ヒンジ式のドア。

LM002専用 OZ製ホイール。タイヤはLM002専用 『ピレリ スコーピオン 345/60VR17』


巨体には小さすぎる!カウンタックから流用のドアミラー。

ドアミラーはちゃんと電動調整式!

ベージュカラーのインテリア。ドライバーズシート下に見える赤いレバーはキルスイッチ。

メーター周辺はウッドパネル。220km/hまで刻まれたスピードメーター。トップスピードは205km/h!

1990年式と言えば、、、21年前!とてもそんな年式とは思えないきれいな内装!

リアゲートの奥には、取外し可能なトランクボックス。ボックスを外すと4人乗りの座席が。。。一般公道ではもちろん×。

専用タイヤ、ピレリ スコーピオン。サイドウォール外周の突起は、ピレリに聞いたところ、当時の『リムガード』だそうです。

3トンオーバーの巨体を操る自信と体力のある方!またはコレクションとして是非!現在オーナー様募集中!

お問合せは ランボルギーニ麻布ショールーム 03-5789-3377 までお気軽にどうぞ!

カテゴリー:中古車情報

Blog Menu