Lamborghini Azabu Yokohama Meguro

Only the best in Super Sports Cars,LAMBORGHINI

BLOG

[New Model] V10新型車 Lamborghini Huracán STO Debut !!

皆様こんにちは。

ランボルギーニ麻布、マーケティング部 です。

 

今回は111818時(中央ヨーロッパ時間)に発表された待望のNew model “Huracán STO”についてお届けいたします。

 

 

 

 

Huracán EVOシリーズと比べるとかなりスポーティーでスパルタンなエクステリア 。
果たして「公道で走れるのか?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

まず、このHuracán STOの概要とキーポイントをチェックしていきましょう。

 

———————————————————–

新型V10モデル Lamborghini Huracán STO
最大出力  640CV / 最大出力  470 kW
最高速度  310 km/h / 0-100 km/h  3,0 s

”本物のレーシングマシンのテクノロジーとスリリングな感覚を兼ね備えた公道を走れる最高なレーシングモデルをお届けすること。それを唯一の目的として創られたスーパー・スポーツカーです。”

Lamborghiniが数々の歴史的な勝利により築き上げ、長きにわたって培ってきたモータースポーツのノウハウが、新型Huracán STOの中に凝縮されています。
高度なエアロダイナミクス、レーシングドライビングのダイナミックさ、軽量コンテンツ、そしてかつてない最高のパフォーマンスを誇るV10エンジンが、毎日のドライビングでレーストラックの感動を導き出すためだけに存在します。

———————————————————–

つまりは、公道でランボルギーニが培ってきたモータースポーツのノウハウを味わうことの出来るマシンであるということがわかります。

これを踏まえて、エクステリアとインテリアをチェックしていきましょう。

 

 

■ エクステリア

まずは、フロントボンネットとフェンダーに組み込まれた専用設計のボディピース「Cofango(コファンゴ)」で、フロントの空力性能を最大まで高めると同時に、軽量化も実現しています。

 

 

そしてSuper Trofeo EVOの流れるような輪郭を彷彿とさせるHuracán STOはその形状が一から見直され、なんとボディパネルに75%以上にカーボンファイバーを採用し、エアロダイナミクスも改善されています。

■ インテリア

 

 

ドライバーを興奮させるコックピット。センターコンソールやシートなど至る所にこの車の名前である”STO”が。

 

 

インテリアも同様に軽量化が追求され、カーボンファイバーを中心とする高品質素材が随所に使用されています。ドアパネル、インテリアのディテール、シート、フロアマットに採用されているこの革新的かつ個性的な素材は、パーフェクトなスーパー・スポーツスタイルを実現するのみならず、アルカンターラとカーボンスキンによる上質な仕上げと見事に調和して、その性能と機能性を発揮します。 

 

 

ランボルギーニのモータースポーツを伝統とノウハウを持ったスーパースポーツカー、Lambroghini Huracán STO。

この車のハンドルを握りたい。と思った方は是非お問い合わせくださいませ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私どもランボルギーニ麻布、横浜ではお客様の様々なニーズに
対応させて頂いております。
リクエストやお問い合わせなど随時受け付けておりますので

お気軽にご連絡くださいませ。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

また、ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールームは
中古車を中心に幅広い在庫のご案内が可能です。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

□お問い合わせ□
ランボルギーニ麻布:03-5789-3377
ランボルギーニ横浜:045-212-2555
ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールーム :03-5725-0365

SKYグループランボルギーニSITEは !こちら!

各モデルのお問合せ・試乗予約などは !こちら!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

カテゴリー:未分類

Blog Menu

Archive