BLOG

AVENTADOR LP700-4 詳細情報:サイドエアインテーク

3月ジュネーブショーの発表から順調に予約を頂いている 『AVENTADOR LP700-4』。現在納期は約20~24ヶ月待ちとなっています。ご覧頂ける実車が入荷待ちで皆様には大変お待たせしております。情報が入り次第順次ご案内させていただきますのでそれまで詳しい情報を少しずつご案内させていただきます。
今日の最新情報は、AVENTADOR LP700-4の 『サイドエアインテーク』 について。

ボディ後方、上面の 『サイドエアインテーク』。 ムルシェラゴでは外側から翼を広げるように開いていきますが、AVENTADOR LP700-4 では逆、サイドエアインテークのボディ内側が立ち上がるようになっています。すみません、実際にその写真をお見せできなくて残念ですが。。。
ムルシェラゴの場合はこんな感じですね。

MURCIERAGO LP640 では、ラジエターの吸気口へのエア導入の為、AVENTADOR LP700-4 では、エンジンルームにエアーを送る為と、その目的も異なります。AVENTADORはドア後方に巨大なラジエター冷却用エアインテークがありますからね!そのサイドエアインテーク、ドアパネルから続く凹みがドア直後でボディ内側に大きくラウンドしていてインテーク自体が非常に巨大でかっこよかったですね。片手を大きく広げたくらいの幅は軽く超えていたと思うので20cmくらいはあっただろうか?因みにガヤルドのインテーク幅は約7cm。ドア後部にインテークがあるとスーパーカーらしくてかっこいいですね!
因みに AVENTADOR LP700-4の『サイドエアインテーク』。外気温に関係なく、水温が110℃以上になった時に開くそうです。ご参考まで。

カテゴリー:AVENTADOR

Blog Menu