Lamborghini Azabu Yokohama Meguro

Only the best in Super Sports Cars,LAMBORGHINI

Blog

URUSのルーフボックスが登場予定!

皆様こんにちは。ランボルギーニ麻布マーケティング部です。
今回はウルスのルーフボックスについてのニュースをお届けいたします!
初の登場となるこちらのルーフボックスは
ランボルギーニのチェントロスティーレによる美しいデザインと機能性で
ウルスオーナーの皆さまのお出かけの強い味方になってくれる事間違いナシです!
気になる内容は・・・
450リッターという大きなストレージで大型荷物も楽に積み込みOK。
世界最高レベルの強度を誇り、クラッシュテストも実施し認定を受けています。
素材にプレミアムファイバーグラスを利用しているなど
ランボルギーニならではのこだわりが詰まっています。
ルーフボックスのセット内容
■自動の内部カーテシライト
■スキーを5セットずつ収納できるラック
■ラゲージ固定用ストラップ
■盗難防止ロックシステム
また、こちらとは別にラゲージがセットになったタイプも別途ご用意予定です。
※車両に新車オプションのルーフレールが付いていない場合、取付が不可となります。
 予めご了承頂けますようお願い申し上げます。
現時点で価格は未定となりますが、リクエストやお問合せなどお気軽にご連絡くださいませ。
□お問い合わせ□
ランボルギーニ麻布:03-5789-3377
ランボルギーニ横浜:045-212-2555
ランボルギーニ目黒 CPO:03-5725-0365
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私どもランボルギーニ麻布、横浜ではお客様の様々なニーズに
対応させて頂いております。
リクエストやお問い合わせなど随時受け付けておりますので

お気軽にご連絡くださいませ。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

 

また、ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールームは
中古車を中心に幅広い在庫のご案内が可能です。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

 

□お問い合わせ□
ランボルギーニ麻布:03-5789-3377
ランボルギーニ横浜:045-212-2555
ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールーム :03-5725-0365

 

SKYグループランボルギーニSITEは !こちら!

Huracán EVOオンラインオーダーは !こちら!

Urusオンラインオーダーは !こちら!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

MORE

[ カテゴリー ] URUS

ランボルギーニ麻布・横浜・目黒CPO・サービスセンターでの感染症対策について

 

皆様こんにちは。ランボルギーニ麻布マーケティング部です。

 

 

今回は、ランボルギーニ麻布・横浜・目黒CPO・サービスセンターでの感染症対策についてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

お客様と従業員の安全を第一優先とし、各拠点にてご自由にお使い頂ける消毒液の設置をはじめ

商談スペースに飛沫防止パネル、実車をご覧頂く際に車内で直接手を触れる部分の消毒など

安心してご利用頂けるよう努めております。

 

ショールームに直接ご来場頂く事なく、お電話やメールなどのリモートでご商談・各種ご相談をお受けする事も可能です。

 

また、麻布・横浜サービスセンターでは「空間抗菌・防臭コーティング」をご用意しております。

ウイルス感染については飛沫感染及び接触感染の2つが考えられている事から
車内の抗菌処理と感染防止に着目致し、「空間抗菌・防臭コーティング」を承っております。

 

強力な抗菌作用を持ち合わせたミストを用い、車内をくまなくコーティング。

お客様やご家族、関係者の皆様を可能な限りウイルス感染から防げるよう、丁寧に施工させて頂きます。

 

こちらのコーティングは光触媒と銀の働きで「消臭」「抗菌」「防カビ」効果を発揮し

車内空間を快適に保つ光ギンテックによるコーティングです。

1度の施工で1年間の持続効果が見込めますので、ご入庫の際は是非ご検討くださいませ。

 

 

 

以上、ランボルギーニ麻布・横浜・目黒CPO・サービスセンターでの感染症対策についてのご紹介でした。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私どもランボルギーニ麻布、横浜ではお客様の様々なニーズに
対応させて頂いております。
リクエストやお問い合わせなど随時受け付けておりますので

お気軽にご連絡くださいませ。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

 

また、ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールームは
中古車を中心に幅広い在庫のご案内が可能です。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

 

□お問い合わせ□
ランボルギーニ麻布:03-5789-3377
ランボルギーニ横浜:045-212-2555
ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールーム :03-5725-0365

 

SKYグループランボルギーニSITEは !こちら!

Huracán EVOオンラインオーダーは !こちら!

Urusオンラインオーダーは !こちら!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

MORE

[ カテゴリー ] お知らせ, インフォメーション

ウラカンEVO、ボローニャ空港で誘導車になる!

 

皆様こんにちは。ランボルギーニ麻布マーケティング部です。

 

今回はHURACÁN EVOのニュースをお送りします。

 

 

 

 

イタリア、ボローニャの空港では2020年6月25日からウラカンEVOが「はたらくくるま」として任務を開始!

ランボルギーニのCentro Stile(チェントロスティーレ)が

イタリアンスピリットの息吹を吹き込み完成させたウラカンEVO。

 

スペシャルなトリコローレが航空機を誘導する姿を見ることができたらとてもラッキー!

 

なんとも贅沢な誘導車として大切な任務に就くウラカンEVOの姿。

また旅に出る日が待ち遠しくなるようなニュースでした!

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私どもランボルギーニ麻布、横浜ではお客様の様々なニーズに
対応させて頂いております。
リクエストやお問い合わせを受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

また、ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールームは
中古車を中心に幅広い在庫のご案内が可能です。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

□お問い合わせ□
ランボルギーニ麻布:03-5789-3377
ランボルギーニ横浜:045-212-2555
ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールーム :03-5725-0365

 

SKYグループランボルギーニSITEは !こちら!

Huracán EVOオンラインオーダーは !こちら!

Urusオンラインオーダーは !こちら!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

MORE

[ カテゴリー ] Huracán EVO

コレクション入荷情報!!

皆様こんにちは。ランボルギーニ麻布マーケティング部です。

これからのシーズンにぴったりのメンズアパレルとバッグが複数入荷いたしました!!

 

Tシャツには立体的なランボルギーニのロゴがプリントされており、ランボルギーニの実車にも装着されているエンブレムと同様に、立体的な手触り感が再現されています。

流行のテープロゴのポロシャツも入荷しました!!

 

こちらのナイロン素材のバッグパックとクロスボディバッグはどちらもUSBソケット付きと大変便利な仕様となっております。

そしてこちらのオールレザーのボストンバックは、愛車のボディカラーに合わせてオーダーメイドが可能な商品でございます。

即納品はこちら2点のみとなります。

どうぞ、この機会にお買い求め下さいませ。

 

□お問い合わせ□

ランボルギーニ麻布:03-5789-3377

SKYグループランボルギーニSITEは !こちら!

Huracán EVOオンラインオーダーは !こちら!

Urusオンラインオーダーは !こちら!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

MORE

[ カテゴリー ] コレクション

Huracánの歴史vol.3 (EVOシリーズについて)

 

皆様こんにちは。ランボルギーニ麻布マーケティング部です。

 

今回が最終章!ランボルギーニ横浜のセールスの土井セールスと共にインタビュー形式で
ランボルギーニV10モデル、ウラカンシリーズについて取り上げていこうと思います。

 

=====================================================

 

 

マーケ:早くも今回が最終章ですね。締めくくりとして最新のウラカンEVOシリーズについて語って頂きます。宜しくお願い致します。

 

 

土井:締めくくりとなると寂しい感じもしますが、宜しくお願い致します!

では早速ご紹介していきたいと思います。

 

 

【Huracán EVO】

 

 

こちらのHuracán EVOは2019年に発表されたHuracánの中で一番新しいモデルです。

 

ちなみに、”EVO”の由来は”EVOlution”の頭文字を取っています。
Huracánシリーズで初めてのAWS “All Wheel Steering”を採用しており

ステアリング機能に大きく作用するトルクベクタリングと融合し、走行モードやシーンに応じ最適なトルク配分を行います。

また、空力の大幅な見直しやセンターコンソールの進化もが挙げられ、センターコンソールについてはいままでは物理スイッチだったものが
EVOシリーズからは8,4インチのタッチパネルに進化しています。

 

 

 

 

後輪にはブレーキを冷却するための専用ダクトがついており冷却効率もアップ!

640馬力のエンジンはPerformanteと同出力が可能なハイパワーモデルです。

 

また、Huracán EVOから画期的なランボルギーニの素材であるCarbon Skinも選択可能になっています。

 

 

マーケ:ランボルギーニブランドを象徴するような、まさに「革新」を全面に押し出したモデルという事ですね。

ここまで3回にわたってウラカンシリーズについてお話を伺ってまいりましたが、なんだか愛着が湧いてきました。

 

 

土井:誰しも愛着がある車やモデルがあるものですよね。

人によっては初めて購入した車をその後何十年に渡って大切にガレージに置いておくという話も耳にします。

そこまで大切にされる車は本当に幸せですよね。

 

ではここからは次のモデルにうつります。

 

【Huracán EVO Spyder】

 

 

同年の2019年にHuracán EVO Spyderも発表されました。

 

EVO Spyderはエンジンなどはクーペと同じ出力を持っています。

ソフトトップは約17秒ほどで開閉し、50㎞/hまでの走行であれば走行中でも開閉が可能になっています。

突然雨が降ってきても停車することなく、すぐに閉じることができるのもポイントが高いですね。

 

Performanteと同じく、マフラーの出口がセンターに寄ったことによって

バネ下重量が減り、走行性能が飛躍的にアップしました!

 

スパイダーならではの爽快感・解放感を味わって頂けます。

 

 

マーケ:モンスターエンジンを轟かせながらオープンで走る爽快感はたまらない魅力ですよね。

風を切っていく感覚を肌で感じられる特権!やはり最高ですね。

 

 

土井:やはり、スパイダータイプは試乗してこそ、という感じです!

 

ではここからはRWDシリーズについて迫っていきます。

 

【Huracán EVO RWD】

 

 

Huracán EVO RWDは2020年1月、日本でローンチパーティーが行われました。

Huracán EVO RWDはHuracán LP610-4と同じ610馬力の出力を持つエンジンを搭載しています。
エンジンの出力はAWDモデルより30馬力ダウンですが、後輪駆動になったことにより

4輪駆動と比較し純粋なドライビングエモーションを味わえるセッティングになっています。

610馬力でも文句のつけようがない仕上がりです!

 

EVO とRWDの違いは馬力だけでなく4輪操舵がついておらず

良い意味で車を運転する際に「マシーンの介入」がありません。

ですので、より自分の思った通り、操作通りのドライビングが可能になっている1台です。

 

RWDにはP-TCS(パフォーマンス・トラクション・コントロール・システム)が装備されており
STRADAで走行するときはあらゆる路面でも後輪の滑りを最小限にし、安定したドライブが可能です。
SPORTで走行する際には安全を損なわない程度に後輪を滑らせ

簡単にドリフト走行を実現し最大限の楽しさあるドライブに。

 

CORSAで走行の際はサーキット走行を想定しているため

コーナー出口におけるトラクション、アジリティを最適化していることから
最高のパフォーマンスでタイムを出すことが可能になっています。

 

 

マーケ:RWDではまた一味違ったドライビングエクスペリエンスを味わえるという事ですね。
スポーツモードでの走行は楽しみが増えそうな印象を受けますし
「特性」を理解する事は車両選びにおいて1番重要ともいえそうです。

こういったお話を伺っていると、自分に合った1台に出会う事の意味や大切さを感じますね。

 

 

土井:お客様が車両に何を望んでいるのか、どんなドライブを想像しているのか

よくお伺いして適切なモデルをご紹介できるように努めています。

では、ここからはRWDのスパイダーモデルについてです。

 

【Huracán EVO RWD Spyder】

 

 

Huracán EVO RWD Spyder も2020年に発表されたモデルです。

ランボルギーニ初めてとなる、拡張現実を使っての発表となりました!
実際に手元にあるかのように外装、内装を見ることができるのはこの時代ならではのアイデアでしたね。

 

オープントップの心地よさとドライブの楽しさを凝縮したEVOなこの1台
ランボルギーニのファンの方なら、その圧倒的な魅力に気づいて頂けるはずです!

 

 

マーケ:ラグジュアリー極まる最高の相棒!といった感じでしょうか。
ここまでくると生き物のようにも感じます・・・!

 

 

土井:エンジンのスタートボタンは猛牛に命を吹き込む瞬間でもありますので毎回興奮を覚えます!
生き物でもあり、最高の技術者達が作り上げた芸術作品ともいえますね。

 

 

マーケ:ウラカンシリーズについて3部に渡って熱く語って頂きました土井セールス
本当にありがとうございました!

私自身、ウラカンシリーズに対しての思いが新になりました。

 

 

土井:こちらこそ、ありがとうございました!

また宜しくお願い致します。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私どもランボルギーニ麻布、横浜ではお客様の様々なニーズに
対応させて頂いております。
リクエストやお問い合わせを受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

また、ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールームは
中古車を中心に幅広い在庫のご案内が可能です。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

□お問い合わせ□
ランボルギーニ麻布:03-5789-3377
ランボルギーニ横浜:045-212-2555
ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールーム :03-5725-0365

 

SKYグループランボルギーニSITEは !こちら!

Huracán EVOオンラインオーダーは !こちら!

Urusオンラインオーダーは !こちら!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

MORE

[ カテゴリー ] Huracan, Huracán EVO, Huracán EVO RWD Spyder

Lamborghini SCV12:スクアドラ・コルセのハイパーカー、デビューに向けて準備!!

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセのサーキット専用ハイパーカー「ランボルギーニSCV12」の開発が完了し、2020年夏に開催予定のワールドプレミアに向け始動します!!

 

・サーキット専用ハイパーカーの限定エディション、ワールドプレミアを2020年夏に開催予定!!
 ・エンジンはランボルギーニ史上最強のV12!!
・GT3 car を超える空力効率とダウンフォース!!

 

 

 

ランボルギーニのデザイン部門チェントロ・スティーレがデザインを手掛け、ランボルギーニ史上最強の V12自然吸気エンジンを搭載するSCV12は、高速で空力を利用したスーパーチャージにより830hpを超えます。

SCV12は、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセがGTモータースポーツで培った経験を活かし、GT3 carより 高い空力効率とダウンフォースを実現!!

SCV12のフロントボンネットにあるダブル・エア・インテークと中央に配されたリブが、空気の流れをルーフ上のラムエア・インテークスクープに向かわせ、これにより車両の動きが生み出す動的な風圧が、エンジンのインテーク・マニホールドの静的な空気圧力を高め、エンジンに流れ込む空気量を増やして出力を増大させます。

フロントで存在感を発揮する スプリッター、サイドシルの横方向のフリックと縦方向のフィンが明らかなサーキット指向を強調し、空力効率をさらに高める一方で、リアには専用に開発されたカーボンファイバー製のリアウィングが搭載されます。

SCV12には、特にハイパーカーを意識して開発された要素があります。

スクアドラ・コルセのエンジニア たちが考案した具体的なレース仕様で、例えばフルカーボンファイバー製の新しいシャシーは パワーウェイトレシオを向上させ、サーキットで最高のハンドリングと走行感覚を体感できます。
後輪駆動の軽量シャシーの本体には6速シーケンシャルギアボックスがシャシーの構造要素として組み込まれ、軽量化と優れた重量配分を図っいます。プッシュロッド式リアサスペンションはギアボックスに 直接取り付けられ、マグネシウムホイール(フロント19インチ、リア20インチ)に装着した特別開発の ピレリ製スリックタイヤがエンジン出力を路面に伝達します。

SCV12は限定エディションとして、サンタアガタ・ボロネーゼにあるランボルギーニ・スクアドラ・コルセ・ ファクトリー内で生産されます。

オーナーは極めて限定されたメンバーのみで構成するクラブの一員となり、世界有数の著名なサーキットで開催される高度なドライビングプログラムに参加することができます。

プログラムでは、スクアドラ・コルセのエンジニアの技術支援の下、ル・マン24時間レースで5度の優勝を 果たし現在はランボルギーニ・スクアドラ・コルセのスペシャルプロジェクト・コンサルタントを務める Emanuele Pirro (エマニュエル・ピロ)の特別指導を受けることができます。

 

 

 

MORE

[ カテゴリー ] お知らせ

ウルスに「パールカプセル」が登場!

 

皆様こんにちは。ランボルギーニ麻布マーケティング部です。

ウルスにニューデザインエディションのパールカプセルが登場いたしました!

 

 

 

ボディカラーとして

■ジャッロインティ
■アランチョボレアリス
■ヴェルデマンティス

のランボルギーニにおける伝統的な4層パールカラーと対象に

■ルーフ
■リアスポイラー
■サイドミラー
■ロワーバンパー
■ホイールアーチ
■ロッカーカバー

がグロスブラックを適用されることで美しいツートーンカラーに!

 

 

 

 

パールカプセル専用のデザインとなるフルエレクトリックシートは
通気性と快適性を備えたアルカンターラ+ ハニカムステッチ仕様。

スポーティーさの中にも上品さ、力強さを感じさせてくれます。

 

 

 

 

その他、ボディーカラーとマッチングされた23インチグロスブラックリムや
インテリアカーボンも標準装備となり特別感溢れる内容です。

2019年から全世界で延べ8300台以上のデリバリーを完了させてきたウルス。
ちなみに、どんなカラーが人気かというと・・・
統計上での1番人気はグレー系。続いてイエロー(ランボルギーニらしい!)という結果になっているようです。

パールカプセルはウルス2021年モデルから適用が可能となっております。
その他詳細など、詳しい内容は各店舗までお気軽にお問合せくださいませ。

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私どもランボルギーニ麻布、横浜ではお客様の様々なニーズに
対応させて頂いております。
リクエストやお問い合わせを受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

また、ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールームは
中古車を中心に幅広い在庫のご案内が可能です。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

□お問い合わせ□
ランボルギーニ麻布:03-5789-3377
ランボルギーニ横浜:045-212-2555
ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールーム :03-5725-0365

 

SKYグループランボルギーニSITEは !こちら!

Huracán EVOオンラインオーダーは !こちら!

Urusオンラインオーダーは !こちら!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

MORE

[ カテゴリー ] URUS

Huracánの歴史vol.2 (ハイパフォーマンスモデルのPerformanteについて)

 

 

皆様こんにちは。ランボルギーニ麻布マーケティング部です。

今回もランボルギーニ横浜のセールスの土井セールスと共にインタビュー形式で
ランボルギーニV10モデル、ウラカンシリーズについて取り上げていこうと思います。

 

 

 

 

 

=====================================================

 

 

マーケ:さて、第二部の今回はウラカンのハイパフォーマンスモデルについて語って頂けるということですね。
宜しくお願い致します。

 

 

土井:よろしくお願い致します。では早速、ウラカンのハイパフォーマンスモデルPerformante(ペルフォルマンテ)について
お話していこうかと思います。

 

 

【Huracán Performante】

 

Huracán Performanteは2017年に発表されたモデルです。
“Performante”とはイタリア語でパフォーマンスという意味で、その名の通りHuracánレンジ最強のパフォーマンスが備わっています。

 

そもそも、640馬力のエンジンを積みながら重量があるボディを自在に操る為には最高レベルの空気力学が必要になってきます。
ランボルギーニのオリジナル技術、空気力学を最大限に生かした
”ALA”システム(エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)は
フロント、リアのアクティブフラップを開閉することにより、コーナーリング時、直進時、ブレーキング時に最適な
空力を作り出す革新的なメカニズムです。

 

様々なシチュエーションで必要とされる空力はそれぞれ異なるので、それを車両が最適にコントロールするという技術です。
また、マーブル模様をしているカーボン(Forged Composites/フォージドコンポジット)を使用しているのも特徴です。
フォージドカーボンは今までもHuracán LP610-4などでエンジンベイに採用されていたもので
ランボルギーニでは独自で開発が進んでいる素材でもあります。

 

ランボルギーニの技術を詰め込んだHuracán Performanteは
2016年10月5日にニュルブルクリンク・サーキットの北コースにおいて 6分52秒01のラップタイムを記録しており
”ALA”による空力のコントロールと”フォージドカーボン”による軽量化がこのような素晴らしい数字として結果に残りました。

 

 

マーケ:デザイン性だけではなく、空気力学まで最高レベルにする為には大変な努力が必要になってきますよね。
ランボルギーニのエンジニア達には本当に頭が下がる思いです。

 

 

土井:小さな努力の積み重ねとナレッジ、挑戦が生み出す職人技です!
私たちセールスも常に挑戦を続けていかなければならないな、と身が引き締まります。

 

さて、ここからはオープントップタイプの話にうつります。

 

 

【Huracán Performante Spyder】

 

 

Huracán Performante Spyderは1年後の2018年に発表されました。
こちらはHuracánのベースモデルと同じで電動のソフトトップは約17秒ほどで開閉可能な仕様になっています。
重量はHuracán Performanteクーペタイプより125㎏増の1507㎏。

しかしながらHuracán LP610-4 Spyderからは35kg削減しており
クーペタイプと同じくフォージドカーボンを使用するなど比類なきパフォーマンスを誇るオープンモデルとなります。

 

そして、今までのHuracánとの最大の違いはまさにレーシングカーのようなエグゾーストノートをオープンエアーで体感できるところです。

 

クーペモデルにも共通することですが、マフラーエンドが通常モデルと比較し高い位置から出ていることもあり
排気の取り回しが全く異なることから、まさにレーシングカーであるHuracán Super TrofeoやHuracán GT3のような
Performanteならではの「サウンド」を楽しんで頂ける車両となっています。

 

ペルフォルマンテの魅力にオープントップの解放感がプラスされることでドライブが更にエキサイティングになること間違いなしです!

 

 

マーケ:スーパーカーならではの魅力を最大限に引き出したモデルという事が良く分かりました。
ペルフォルマンテに限らず、各ランボルギーニのモデルそれぞれの轟くようなサウンドを是非皆様に体感して頂きたいですね!

 

 

土井:はい!実車をご覧頂く事で気づく魅力も沢山ありますので、是非ショールームに足を運んで頂きたいと思います。
車に普段興味がない方でも、ランボルギーニの圧倒的な存在感や
なめらかで力強い走り、サウンド、美しいボディに目を奪われるはずです。

 

 

マーケ:今回はウラカンのハイパフォーマンスモデルについてのインタビューありがとうございました!
ウラカンシリーズについては最新モデルを含め、また次回も魅力を語って頂きますので宜しくお願い致します。

 

 

土井:宜しくお願い致します。ありがとうございました!

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私どもランボルギーニ麻布、横浜ではお客様の様々なニーズに
対応させて頂いております。
リクエストやお問い合わせを受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

また、ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールームは
中古車を中心に幅広い在庫のご案内が可能です。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

□お問い合わせ□
ランボルギーニ麻布:03-5789-3377
ランボルギーニ横浜:045-212-2555
ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールーム :03-5725-0365

 

SKYグループランボルギーニSITEは !こちら!

Huracán EVOオンラインオーダーは !こちら!

Urusオンラインオーダーは !こちら!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

MORE

[ カテゴリー ] Huracan

【ランボルギーニがeスポーツへ参入!】

 

皆様こんにちは。ランボルギーニ麻布マーケティング部です。

ランボルギーニは、Kunos Simulazioni社開発の「Assetto Corsa Competizione」で
バーチャルのワンメイクシリーズ「The Real Race」に初参戦する事を発表いたしました。

 

 

現在急成長中のeスポーツの世界に参入するというのは大きなニュースです!

 

The Real Raceは、リアルとバーチャルを融合させた新しいシムレーシングのチャンピオンシップで

トーナメントは5月29日から開始、週末予選を5回開催した後
イタリアのサンタアガタ・ボロネーゼにあるランボルギーニ本社で最終戦をライブ開催します。

全世界で大きな規模の大会が数多く行われているeスポーツは
これから更に大きく成長することが期待されており
今までも常に「進化」を追い求めてきたランボルギーニの信念にピッタリともいえるのではないでしょうか。

 

また、昨今のゲームのグラフィックのクオリティは目覚ましい成長がみられ
実車のレースのライブ映像と見分けがつかないほどにまでなっています。

 

今回ランボルギーニが参戦する「The Real Race」という大会の上位3名には
ランボルギーニのSquadra Corseのドライバーと共に
イタリアで実際のコースをランボルギーニ車で走行できる企画も用意されているんだとか!

 

特にeスポーツの中でもシムレーシングのカテゴリーは急成長中という事で
注目が集まっている競技です。
ランボルギーニの「The Real Race」、どうぞお楽しみに!

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私どもランボルギーニ麻布、横浜ではお客様の様々なニーズに
対応させて頂いております。
リクエストやお問い合わせを受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

また、ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールームは
中古車を中心に幅広い在庫のご案内が可能です。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

□お問い合わせ□
ランボルギーニ麻布:03-5789-3377
ランボルギーニ横浜:045-212-2555
ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールーム :03-5725-0365

 

SKYグループランボルギーニSITEは !こちら!

Huracán EVOオンラインオーダーは !こちら!

Urusオンラインオーダーは !こちら!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

MORE

[ カテゴリー ] ランボルギーニ

Huracánの歴史vol.1

皆様こんにちは。ランボルギーニ麻布マーケティング部です。

今回はランボルギーニ横浜のセールスの土井セールスと共にインタビュー形式で
ランボルギーニV10モデル、ウラカンシリーズについて取り上げていこうと思います。

 

 

=====================================================

 

マーケティング部(以下マーケ):では早速ウラカンシリーズについて改めて教えて頂けますでしょうか。

 

土井:はい。ウラカンは、2014年のジュネーブモーターショーで発表されたモデルです。
デザインディレクターを務めたフィリッポ・ペリーニ氏によると
ルーフラインのデザイン構想は、なんと日本の折り紙をモチーフにしたということです。
この「折り紙」の構想については他のランボルギーニ車のデザインのもとにもなっていますので
大切な核といってもいいかもしれません。

細かな部分に日本の文化が生きていると思うとなんだか嬉しい気持ちになりますよね。

 

 

マーケ:そんな逸話があったのですね。面白いアイデアです。

 

 

土井:ではここで、ウラカンの名前の由来についても念のおさらいしておきましょう。
歴史でいうと1879年8月のスペイン・アリカンテ県で行われた闘牛の試合で
好戦的かつ無敵と言われた「ウラカン」という闘牛がいました。

ウラカンはスペイン語で「Huracán」と表記しますが、これを英語にすると「hurricane」、つまり「ハリケーン」を意味します。
この由来にもあるように、ウラカンはまさにハリケーンのような走りを見せ、雷のような凄まじいバブリングを奏でます!

ウラカンの最大の特徴ともいえるこのサウンドはまるで敵を圧倒させるような迫力を持っていると思います。

 

 

マーケ:迫力のあるサウンド・・・。威風堂々なパワーに包まれるドライバーの気持ちが伝わってきそうですね!

 

 

土井:また、ウラカンシリーズは、2014年以降から大きな進化を遂げてきました。

ファーストモデル、そしてカーボン製のリアウイングを装備し軽量化したスポーツモデル

空力性能を高めた現行モデルEVO、この3つのバリエーションに大きく分けられます。

■ファーストモデル■

Huracán / Huracán Spyder / Huracán RWD / Huracán RWD Spyder

■スポーツモデル■ ※四輪駆動のみ

Huracán Performante/Huracán Performante Spyder

■EVO■ ※現行モデル

Huracán EVO / Huracán EVO Spyder / Huracán EVO RWD / Huracán EVO RWD Spyder

 

 

今回はvol.1として、ファーストモデルのグループについてご紹介していこうと思います。

まずは【ファーストモデル:Huracán】から。

 

 

ファーストモデルのウラカンは、最初にお話しした通り2014年3月開催されたジュネーブモーターショーで初めて発表となりました。

ボディは、アルミに加え、フロアトンネルとリアバルクヘッド(隔壁)まわりにカーボン素材を用いたハイブリッドボディーに進化し

5.2L V10エンジンを搭載し、8,250rpmで449kW/610馬力の最高出力、560Nm/6.500rpmの最大トルクを引き出しています。

 

トランスミッションでは、これまでガヤルドで採用していた「eギア」(2ペダルのシングルクラッチ・システム)から

7段デュアルクラッチ・トランスミッションとなり、効率の向上とシフト時間の短縮に成功、快適な変速フィール(ショック)が備わりました。

私が、ウラカンを初めて運転した印象は「ドライバーの意思に忠実な猛牛」です。

頼もしいパートナーといえますね。

 

 

マーケ:車との一体感や連携を感じる瞬間が感動を呼ぶとよく耳にします。

パートナーのように感じられるのは嬉しいですね。

 

 

土井:では次、【ファーストモデル:Huracán Spyder】についてです。

 

 

ウラカンオープントップモデルの「ウラカン スパイダー」は、翌年2015年8月に発表されたモデルです。

ウラカンスパイダーは、ソフトトップを採用しており、折りたたまれる屋根が蜘蛛の糸のように見えることから「Spyder -蜘蛛-」と呼ばれています。※諸説あり

このソフトトップは、外側がアクリル繊維のPAN(ポリアクリとニトリル)、中間層がクロロプレンゴム、

内層がポリエステルとなっており、この三層構造により、空気抵抗・遮音性・遮熱性・軽量化を実現しています。

 

クーペモデル同様、5.2L V10エンジンを搭載しており、アクセル操作に応じてエンジンの回転数がスムーズに上昇していくため

ドライバーにエンジンを回転させる「楽しさ」を体感させてくれます。

その回転数の上昇をお楽しみいただける点は、クーペスタイルにはない最大の特徴とも言えるでしょう。

 

やはり実際に乗ってみる事により更にポイントが高いな、と思わせてくれるモデルです。

 

 

マーケ:実際にオープントップの心地よさは想像を超えてきますよね。
ソフトトップにもこだわりが詰まっているのもランボルギーニらしいな、と感じます。

 

 

土井:では次、【ファーストモデル:Huracán RWD】についてです。

 

 

2016年に発表となった、ウラカンの後輪駆動モデル「ウラカン RWD」。

まさに、「運転する楽しさ」の本質が追求されたモデルとなっており

エンジンは、580馬力 (427 kW)の5.2LV10エンジンを搭載。

最高出力は8000rpm、540Nmの最大トルクは6500rpmで発生という高回転型の設定で

回転をあげていくときの力の伸びる感覚に快感を感じます!

 

足回りは、サスペンションのスプリングを固めにしながら、低速時と高速時にスプリングレートに変化をもたせ

さらにはリアのスタビライザー(ロールバー)も柔らかくすることで後輪のトラクションの改善にも成功。

コーナリング時のロール量が増え、いまどのくらいのペースでコーナリング中なのかがわかるようになり

更に「楽しい」が詰まった切れ味を楽しんで頂けると思います。

 

RWDのネガティブポイントもなくなり、より安全で快適な走りを実現することができるようになりました。

 

 

マーケ:スポーツカーにおいてはより正確なトラクション・コントロールやダウンフォースが求められてきますが

まるで航空機のような精巧さを実現しているのですね。

 

 

土井:長くなってしまいましたが、以上がHuracánの歴史vol.1となります。

ウラカンの魅力に少しでも気づいてもらえたら嬉しいです!

 

 

マーケ:ありがとうございました。次回のvol.2も楽しみにしております!

 

 

土井:ありがとございました!

 

=====================================================

 

 

以上、今回はHuracánの歴史vol.1をお送りいたしました。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私どもランボルギーニ麻布、横浜ではお客様の様々なニーズに
対応させて頂いております。
リクエストやお問い合わせを受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

また、ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールームは
中古車を中心に幅広い在庫のご案内が可能です。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

□お問い合わせ□
ランボルギーニ麻布:03-5789-3377
ランボルギーニ横浜:045-212-2555
ランボルギーニ目黒 サーティファイドプレオウンド ショールーム :03-5725-0365

 

SKYグループランボルギーニSITEは !こちら!

Huracán EVOオンラインオーダーは !こちら!

Urusオンラインオーダーは !こちら!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

MORE

[ カテゴリー ] Huracan

Blog Menu

Archive