BLOG

ガヤルド日常の取り扱い注意点とアドバイス!

先週の台風の後は、この時期としては過ごしやすい日が続いていますね。”電気予報”を見ていても、電気の使用量に余裕が感じられます。勿論節電はしているのですが。。。
さて今日はガヤルドの、『日常の取り扱い注意点とアドバイス』 について。オーナー様はもちろんご存知の事と思いますが、購入検討中の皆様にもきっと参考になる情報かと思いますのでご案内させて頂きます。
【車両保管時の注意】
少し気にして頂くと、愛車ランボルギーニにとっても良い2つの事。。。
①ドアミラーは駐車時、必ず格納する。 ⇒ 格納しない状態で、ミラーに人がぶつかると簡単に壊れます。

②フロントリフティングは、上げたままにしない! ⇒ 油圧が掛かりっぱなしになると、いずれオイル漏れの原因に。。。(※ムルシェラゴLP640も同じですね!)

ガヤルドのリフティングシステムは、2006年モデル以降標準装備。ノーマルの車高からフロントサスペンションのみ、+45mm アップします。(※車速 30km以下で作動)上がるとこんなに車高が変わります。

因みにリフティングを上げると、車両後部が下がる為、駐車場では元々低いリアディフェーザーが、輪留めに引っかかりやすくなります。十分御注意下さい。

ガヤルドのディフェーザー、壊すと10万円くらいですが、カーボンタイプのスーパーレジェーラのディフェーザーは130万円!くらいします。。。懐も痛みますので十分御注意を(~_~;)

カテゴリー:Gallardo

Blog Menu