BLOG

ガヤルド車両キー、電池交換の重要性!と注意点。参考AVENTADOR情報

今日はガヤルドシリーズの車両キーについて、取り扱い上の注意点とワンポイントアドバイスをご案内させて頂きます。
ガヤルドの車両キーは、ドアのロック、アンロックボタンのみがついたシンプルなキー。このキーの電池が消耗してドアロックのリモコンが利かなくなると大変厄介な事がありますので定期的な交換が必要です!
電池交換と言っても基本的には弊社日本橋工場で定期点検時など交換を行っていますので、スペアキーなど、電池をご自身で交換する際は、必ずガヤルドのドアを空けて、車両のすぐそば、もしくは中で交換しましょう。ドアを空けておくことが最も重要なポイントです。

先の細いマイナスドライバーを一本使用します。バラすと。。。

使用しているボタン電池は 【CR2032】一個。
ガヤルドの車両キーは、電池交換の為にバラした瞬間、リモコンキーの電波がリセットされてしまう為に、新しい電池を入れてもドアロックが利きません!新しい電池を組んだ後に車両のキーシリンダーにそのキーを差し込んで 【電源ON】。その状態でドアロックボタンを1秒以上ホールドすると、キーの電波を新たに登録することができます。
ガヤルドのドア。。。通常はドアハンドルでシリンダーを隠しています。このほうがカッコイイですものね!でもここが厄介な事の原因に。。。

ドライバーズシート側のドアハンドル下にキーシリンダーが隠されています。良く見るとドアハンドルのキーシリンダーを隠している部分が、エマージェンシー用に本体から分離する様になっています。

このドアハンドル。。。あくまでエマージェンシー用にドアハンドルの一部が外れる!その為、キーのリモコンが利かず、外出先などでスペアキーも無い為にキーをドアに差し込んで開けたいと思っても、カバーが硬く接着されていてなかなか外れず、破壊してハズすしかありません(~_~;)だから、電池交換時でもドアを開けて作業しないとイケないのです。。。もちろんリモコンのちゃんと利くスペアキーがあれば何の問題も無いのですが。
キーの電池交換自体は誰でも出来る事なのですが、上記の通り車両の構造上とっても注意が必要なので基本的には定期点検や車検時に日本橋ワークショップで交換作業を行っています。しかしスペアキーなど御自身で交換をなさることもあるかと思います。その時は十分御注意下さい!車両本体のバッテリー交換時も、キーの信号はリセットされてしまいますので、要注意です!ガヤルドのドアがキーのリモコンで開かなくなってしまうと、、、ドアハンドル交換修理で4~5万円の出費は覚悟してください(~_~;)
車検や点検時にバッテリー交換を行った際は、もちろんお手持ちのスペアキーはリモコンが利かなくなっていますので、キーの再登録をご自身で行っていただく必要があり、お引渡しの際に御案内させて頂いております。
ちなみに、ムルシェラゴはドアのキーシリンダーを隠していませんのでガヤルドのような注意は必要ありませんね!リモコンが利かなければキーを差し込むだけで良いのですから。。。
また、最新のAVENTADOR LP700-4 はガヤルドと同様に、ドアのキーシリンダーを隠しています。しかもドアではなくボディ側に。。。そのため、ドア後方のボディ側にキーシリンダーを隠したカバーがついています。こんな感じ。。。ガヤルドのように破壊しなくても開くカバーになっています(^_^.)

カテゴリー:Gallardo

Blog Menu