BLOG

Huracan Circuit Trainig in Imola – part Ⅱ

Huracanのサーキットトレーニング2日目、いよいよ走行です!!
午前中は引き続き座学・・・、割愛します!
Lamborghini麻布Youtube/Facebookのほうに関連動画をアップさせていただきます。
Youtube:

Facebook:
https://www.facebook.com/#!/lamborghiniazabu
途中、スコールが降りコース内にドライな路面とウェットな路面、水が流れているような路面が混在していましたが、Huracanは速い速い!ストレートでの加速はもちろん、コーナーで少しくらいリアが飛んでもその瞬間(動画中でシフトダウンをミスしてコーナー縁石までふくらんだシーンなど)、フロントに強烈なトラクションがかかりすぐに立て直しました。
後で思い返して認識したというくらい自然で滑らかなボディコントロールでした。
そして一気に加速してストレートに向かっていきました。
ボディ剛性が強く、ブレーキもリニアな制動なためコーナーぎりぎりまでアクセルを踏み込むことができます。
驚異的な速さとそれを一切の破たんなくコントロールすることができる能力を自分が完全に手に入れたと思いました。
これも後で冷静になってHuracanのおかげだと気づきましたが。。。
今回Huracanの開発テーマ“Instinctive”が、ドライバーの本能のままに操ることができる、ということを意味していると強く感じました。「意のままに」という言葉よりももっと脳や意識に直結しているという感覚でした。
攻殻機動隊やエヴァンゲリオン、ガンダムのニュータイプ・シンクロの世界が現実になっ・・・(割愛)。
動力性能と伝達系統もGallardoからは大きく進化しております。Aventadorとも違う方向性での進化だと思います。
強烈な発進時や加速時にリアのトラクションが強すぎ、フロントが浮いてしまうような感はなく、フロントから低く沈み込み、獲物に挑みかかるように前傾姿勢で突き進みます。
一見、流麗さを身に着けたようなデザインですが、GallardoよりもAventadorよりも攻撃的な形相で走っている姿には圧倒されてしまいました。
自分が闘牛士だったら、その状態のHuracanとは対峙したくないです。絶対かわせない。。。
日本で走ることができる日が来るのがとても楽しみです!!
まさに乞うご期待!!!




ちなみにイモラサーキット敷地内には故アイルトン・セナ氏の記念碑やミュージアムが併設されています。セナ氏最後のレースから今年で20年です。
いまでも世界中から尊敬と愛情が注がれていることをひしひしと感じることができました。
同時に、セナ氏が今もそこにいて見守ってくれているという感覚もあり、皆様にもぜひ足を運んでいただきたい場所でございます。



Huracan情報をいち早くお知りになりたい方はLamborghini麻布ショールーム(03-5789-3377)まで!!

カテゴリー:Huracan

Blog Menu